HOME
>
京葉天然ガス協議会
>
当協議会の取り組み

京葉天然ガス協議会の取り組み

 環境調和型の資源開発を目指して

<千葉県の天然ガス採取規制>
 天然ガス開発に伴う地盤沈下の防止を目的として、昭和48年に千葉県と県内の天然ガス採取企業との間で地盤沈下防止協定が締結され、天然ガス井戸の削減が行われました。
 さらに、昭和56年には、それまでの井戸削減による規制方式から、天然ガスかん水の地上排水限度量方式に変更した新協定が締結されています。

 

<地盤沈下抑制のための取り組み>
 地盤沈下の要因としては、地層の自然圧密、地下水・地下資源の採取、地殻変動などであるとされています。近年では、千葉県の地盤沈下は沈静化していますが、天然ガス採取企業は、更なる地盤沈下抑制のための取り組みを行っています。

  • かん水の地下還元
    かん水の一部を地下に戻し入れるために還元井を掘さくして、かん水の地下還元を行い、地盤沈下の抑制に努めています。
     
  • 共同研究の実施
    地盤沈下の抑制は、天然ガス開発業界全体の共通課題であることから、共同で研究に取り組んでいます。具体的には、人工衛星を利用した地盤沈下観測や天然ガス・かん水の開発に伴う地盤地下予測計算などのテーマを取り扱っています。さらに、大学との共同研究も実施しています。
 
 社会貢献活動

 構成企業各社は、千葉県内に点在する天然ガス生産設備について、日々保安点検をしております。この保安点検の際に、車両に「防犯パトロール実施中」と表示し、地域の防犯に協力しております。

 

 ヨウ素支援活動への協力

 ヨウ素は、人体の生育に必須の元素ですが、内陸国等の海産物の摂取が少ない地域においては、ヨウ素不足による発育不全等で苦しんでいる方々がいます。世界有数のヨウ素生産者である構成企業各社は、国際機関のヨウ素支援活動に協力しており、平成9年度から13年度にはモンゴルに、平成18年度から21年度にはカンボジアに、千葉県と業界団体を通じた支援を行っております。
 

 

 

近隣河川の環境保全活動への協力

 構成企業各社は、天然ガス開発地域を流れる河川の環境保全活動に協力しており、地域の皆様とともに自然環境を守るため、河川周辺の清掃等にも参加しております。

 

このページの先頭へ